飛行機で国内を旅行しよう!コストパフォーマンスが良いのはどういう区間?

距離が十分にあることが大切

コストパフォーマンス重視で飛行機で国内旅行をするときにはある程度の移動距離が必要になります。例えば、東京と大阪の間で飛行機で移動しようと考えると、かなり安いチケットが手に入らない限りは新幹線の方が安いという結論に達してしまいます。時間的にも空港での待ち時間を考慮すると新幹線の方が短くて済むでしょう。しかし、名古屋から仙台といった本州の半分くらいを移動するような旅行になると状況が一転します。安いチケットを選べば新幹線の半額程度で済むこともあり、時間的にもかなり短縮されるでしょう。また、北海道や沖縄を発着地とする場合にはほとんどの場合に飛行機を使うのがコストパフォーマンスの高い移動方法です。

空港へのアクセスが良いことも重要

空港にアクセスしやすいかどうかも考慮するとさらにコストパフォーマンスが上がります。関東と関西の間の移動だったとしても、成田空港の近くから関西空港の近くへ移動したいという場合には新幹線より安くて早い可能性があります。東京駅や大阪駅などへの移動にかかる時間や費用も加味しなければならないからです。自宅が空港に近い、目的地が空港からアクセスしやすいといった状況があれば飛行機旅行を前向きに検討した方が良いでしょう。また、新幹線の主要駅からの移動に時間がかかる場所に行きたいというときにも同様です。空港からの方が安い費用かつ短い時間でアクセスできる可能性があるので、全行程にかかる費用と時間を計算してみるようにしましょう。

アドドドヴェンチャーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です